投資を成功させるためには、優良な投資顧問を選ばなければなりません。投資家の立場になって、しっかりと話を聞き、新しくて信頼できる情報を提供してくれる投資顧問を選ぼう!

ニーサで高配当銘柄の投資の際は投資顧問のアドバイスを

去年から個人投資家を対象に証券投資非課税制度が始まっています。証券投資非課税制度ではニーサ口座を開設すると、年間で100万円までの証券投資に掛かってくる税金がゼロになります。通常の総合口座では証券課税として株式譲渡益と配当に、20%の税率が掛かってきます。しかし、ニーサを活用することで20%の課税をなくすことができることから、個人投資家ならば利用しない手はないです。ニーサ口座の利用においては、まずは配当が非課税になるメリットを享受できる銘柄に投資をするのが無難となります。とくに配当利回りの高い銘柄へ投資を行うと、配当の非課税メリットが大きくなってきます。日本の株式では配当利回りが3%を超えることも少なくないです。そのような高配当銘柄をニーサで購入すると、配当を税金で引かれることなく全額もらうことができます。しかし、個人投資家では、どの銘柄へ投資をするのかは悩むところです。そこで、専門の投資顧問へ相談するのも一つの手となってきます。投資顧問会社では個別株式に詳しい専門家がいるため、ニーサに相応しい銘柄を推奨してもらえます。ニーサでは証券投資が非課税扱いとなりますが、購入した銘柄の株価が下がったのでは元も子もないです。しかし、投資顧問では業績が安定していて株価が下がり難い銘柄を選択してもらうことが可能になります。一般的に食品や医薬品などの業種の株式はディフェンシブ系となっており、株価が上下に振れにくい傾向があります。そうした業種の中でも、より安定した業績を残せる企業というのは存在していて、投資顧問業者からアドバイスを受けるのが近道となることがあります。投資顧問の力を借りて安定性の高い企業への投資が実行できると、ニーサで高配当をもらいながらキャピタルゲインも増やすことも夢ではなくなります。